トップページ
/
/
展示会にイベントコンパニオンは本当に必要?
2021.11.04
カテゴリ:コラム

展示会にイベントコンパニオンは本当に必要?

・イベントコンパニオンがいることで、まずは来場者の目に止まってもらえます

・イベントコンパニオンは呼び込みのプロ!目に止まった来場者をブースに誘引するノウハウを持っています

・ブース誘引がイベントコンパニオンに任せられることで、営業スタッフは顧客獲得に専念できます

・外国語、司会、モデル、ナレーションなどスキルを持ったイベントコンパニオンも派遣可能です
展示会はいかに目を引いてもらうかがカギ!

展示会やイベントなどでは必ずと言っていいほど見かける


「イベントコンパニオン」


企業ブースの最前線で笑顔を振りまき、来場者の呼び込みを行います。


では、イベントコンパニオンを使うことの効果や役割、業務内容やどのようなスキルを持っているのかなど


詳しく見ていきましょう。


 


 


イベントコンパニオンがいることによる効果


規模の大きい展示会やイベントなどでは、多くの企業が、各自オリジナルのブースを構えて来場者にアピールします。


たくさんのブースの中から、来場者の目に留まることは


ブースに立ち寄ってもらうための絶対条件です。


 


展示会の来場者は男性の比率が高く、イベントコンパニオンを使う最大のメリットとして


男性の目に留まる、アイキャッチの効果がまず挙げられます。


見た目に華やかさのあるイベントコンパニオンは、存在自体が目立つため


来場者の視線を来場者に留めることができます。


 


アイキャッチという重要な効果を持つイベントコンパニオンですが


来場者の視線を留めるだけではフックとしては弱いです。


来場者の興味を引き、企業の繋がりを作る必要があるため


企業の意図を理解して来場者を引きつけることが必要になります。


 



 


 


イベントコンパニオンの役割って何でしょう


先の通り、イベントコンパニオンは最前線でのアイキャッチ的な役割がある他に


「お声がけをする」という第二の大きな役割があります。


目を引くだけで終わってしまっては意味がありません。


来場者に積極的にお声がけをし、ブースに来場者を呼び寄せ


商品・商材を知ってもらうことが第二の大きな役割になります。


 


イベントコンパニオンは声掛けをするタイミングや言葉遣いなどをしっかり心得ています。


様々なイベントで経験を積んでいるので、声掛けのプロでもあります。


展示会場や、企業の集客ルールなどを事前に伝えるだけで


ブース前での集客は安心して彼女たちに任せることができます。


そのため、営業スタッフはブース内での商品のPRなどに全力を注ぐことが可能になります。


 


イベントコンパニオンが、来場者の目を引き、お声がけをしブースに誘引し


営業スタッフにバトンタッチをして、商品のPRをするという理想的な流れが構築できています。


つまり、イベントコンパニオンによるお声がけで、その企業にとって


より多くの顧客を発掘することができるようになるのです。


 


 



イベントコンパニオンの活用1つで展示会の効果が変わる

イベントコンパニオンの豊富な業務とは


クライアント企業の顔となり、企業と来場者の架け橋となることのできるイベントコンパニオン。


そのイベントコンパニオンにはたくさんの役割があります。


・受付での名刺の受け取り


・ブースでのカタログ、ノベルティ、リーフレットの配布


・アンケート回収


・商品展示コーナーでの使用方法の説明


あくまでも一例だけでこれほどあります。


いずれの場合も、来場者から質問を受けることが多く


的確な回答をするには、しっかりとした商品知識を持っていることが必要です。


 


そのため、イベントコンパニオン派遣会社はスタッフが十分な知識を持つように教育しています。


これにより、イベントコンパニオンたちは高いクオリティのおもてなしをすることができます。


 



 


イベントコンパニオンの持つスキル


イベントコンパニオンはその仕事柄、服装やメイクに関する教育や


接客に関する様々な教育をしっかり受けています。


イベントコンパニオンは依頼主である企業の顔として、集客力はもちろんのこと


品格や来場者の要望に対応する臨機応変さが求められるからです。


 


そのため、展示会や各種イベントでの活動のプロでもあるイベントコンパニオンは


それらの経験が少ない営業スタッフやアルバイトよりも臨機応変な対応ができる点で優れています。


受付などで来場者にリーフレットなどをお渡しする際も、イベントコンパニオンがお渡ししたほうが


印象に残りやすく、誘導もスムーズに行なえます。


また、受付案内やリーフレット配布だけでなく、ナレーターや司会進行などに特化したスキルを持つ


イベントコンパニオンもいるので、業務内容にマッチした人材を選ぶこともできます。


 



 


イベントコンパニオンの持つスキル


イベントコンパニオンは単に派手な格好をして笑顔を振りまき、商品見本を渡すだけの役割ではありません。


イベントコンパニオンはそれよりもさらにグレードが上がり


ある意味営業スタッフなどを上回るほどの知識やスキルを持っております。


 


イベントコンパニオンを活用すると、企業ブースは華やかさや活気に満ち溢れます。


業務内容も笑顔でお声がけをするだけにとどまらず、商品説明や司会進行など多岐にわたります。


 


ブースに来場者を呼び寄せ、商品説明や質問への回答まで対応するので


営業スタッフは顧客獲得に全力を注げます。きちんとした社員教育もされており


気品と知性を併せ持つのがイベントコンパニオンの特徴になります。


展示会やイベントにおいては、強力な戦力になることは間違いありません。


公開日:2021.11.04
カテゴリ:コラム