トップページ
/
/
企業展示会で集客する4つのコツ
2021.06.02
カテゴリ:コラム

企業展示会で集客する4つのコツ

・事前告知が重要。出展することを多くの人に知ってもらいましょう

・特典を作り、より多くの方にブースに来場してもらう工夫をしましょう

・ノベルティはイベントコンパニオンに配布してもらうと効果的!
事前準備の2段階 〜イベントを知ってもらう〜

Webを使って幅広く宣伝


多くの人に展示会へ足を運んでもらうためには


事前に多くの人に、展示会への出展を知ってもらう事が必要です。


そのために、まずは自社のWebサイトやSNSで展示会出展を宣伝することが大切になります。


また出展する製品や商品の情報を掲載しておくことで


ニーズに合った企業担当者が、実際に見てみたいと興味を持って訪れてくれる可能性もあります。


出展ブースを訪れた時に有効な特典(ノベルティ)を付け、より来場を促進することもコツの一つです。


 


既存顧客へはDMを送る


既存顧客へは展示会の案内DMを送る事も必須です。


取引や利用のある顧客へDMを送れば、会場に訪れてくれる可能性も高まります。


そのほかにも、自社の製品や商品に興味を持っている見込顧客や


今はあまり利用していないけれども以前は利用していたという顧客へも


案内DMを必ず送っておくようにしましょう。集客の可能性が高まります。


開催時の2段階 〜製品を知ってもらう〜

目を引く!入りやすい!魅力的なブースを作る


出展ブースはやはり目を惹くようなものでなければなりません。


まずは遠くからでも目立つインパクトのある造りやデザインにしましょう。


さらに自社のブースということがひと目で分かるということも大切です。


例えばロゴ入りの看板を掲示したり、イメージカラーを中心としたデザインにしたり


もし自社のオリジナルキャラクターがいるのであれば、それを活用すれば遠くからでも


自社のブースであるという事がすぐ分かるようになります。


ただしブースまで誘導できても、中に入ってもらえなければほとんど意味がありません。


どうでしょう。通路から中の様子が見えないブースは、入るハードルがグッとあがりますよね。


できる限りオープンな雰囲気のブースにすることが重要です。


小間が少ないという時でも、カウンターの配置1つ変えるだけでも印象がガランと変わります。


どうすれば入りやすいのか、来場者の視点で一度検討してみましょう。


 


チラシ配布やご案内を効果的に行なうには


その会社に興味を持って訪れていなければ


ブースに入ることはもちろん、パンフレットすら手に取ろうとはしないはずです。


そこでまずは製品や商品に興味を持ってもらうため


ブース前の通路で案内をしながら、簡単なチラシを配ることがコツです。


その時により有効的なのは、イベントコンパニオンに配ってもらう事です。


イベントコンパニオンが笑顔で声をかけながらチラシを配っている様子は


それだけでも華やかで注目を集めますし、チラシを受け取ってもらえる確率も高くなります。


「とりあえず入ってみようかな」と思ってもらえる


きっかけ作りにもなるチラシの配布。


ぜひお試しくださいませ。


 


公開日:2021.06.02
カテゴリ:コラム