FACT

line instagram facebook youtube nico nico douga

CONTACTお問合せ・資料請求

お問合せ・資料請求 03-5937-6453 土日祭日を除 10:00~19:00お問合せ・資料請求 03-5937-6453 土日祭日を除 10:00~19:00

recruit

正社員採用 アルバイト採用
menu

最新・注目の情報

NEWS-TOPICS

news

2019.01.07

【学生必見】一年間「家賃ゼロ」・・・無料でアパートに住める! 〜無料で1年間住居を提供します「奨学ハウス」で学生を支援〜

facebooktwitterhatenalinegooglefeedly

大学から通学1時間以内の賃貸物件を【無料】でご提供!「奨学ハウス」第1期生募集開始

 

 



 

 

 

弊社が運営する奨学サイト「Bekkaku」(https://www.bekkaku.net/)は

「奨学肉」制度に続く奨学金制度として

株式会社日本システム管理(東京都新宿区、代表取締役社長:高岡 裕)が設立した

大学生に賃貸物件を1年間無料で提供する「奨学ハウス」制度の募集を

2019年1月7日(月)より開始いたしました。

 

弊社と株式会社日本システム管理は、2社で協力し

奨学サイト「Bekkaku」の【日本に借金ではない給付型の奨学制度を増やし、教育格差・貧困連差を是正する】というミッションに取り組み

日本の奨学金制度の様々な問題の解決に少しでも力になりたいと考えております。

 

 

 

 

株式会社日本システム管理は不動産会社です。
この「奨学ハウス」制度により、学生の奨学金という「借金」を減らし、不幸になる若者を少しでも減らすことが出来ればうれしく思います。

 

■奨学金を借りる大学生がどんどん増えています
大学・短大進学者の2.6人に1人(38.5%)が奨学金を借りており

これは2005年の3.9人に1人(25.6%)から、10年で1.5倍に増えたと言われています。

また、利用者が増加する一方で滞納者に対する返還訴訟も急激に増え

「奨学金破産」などという言葉も聞かれるようになりました。

 

■奨学金を借りる圧倒的目的はやはり「生活費の補填」
2016年に調査しました、全国の国公立および私立大学の学部学生・院生を対象とした調査によりますと

奨学金制度を利用している約1000名の学生のうち

奨学金の利用目的に「生活費を賄うため」と回答した生徒は約75%にのぼります。
また、「現状で返済の見通しが立っていない」と回答した生徒は50%

「返済できるか不安に感じている」と回答した生徒は74.3%にのぼります。

 

■奨学金破産が広がっている
奨学金を返せずに自己破産に陥るケースが増えています。
奨学金にからむ自己破産は2016年までの5年間で、なんと1万5千人にのぼるそうです。

 

夢や目標に向かって努力をした結果が、自己破産という結末というのは悲しすぎると思います。
不幸になる学生を一人でも減らしたいとの思いから

「奨学ハウス」制度を始めることにしました。
私たちのように、「奨学ハウス」制度を始める不動産会社が日本に広がることを期待しつつ

私たちが先頭を切って「奨学ハウス」制度を始めます。

 

 

 

 



 

 

 

■「奨学ハウス」制度の内容
奨学生として採用された方には、2019年4月1日(月)~2020年3月31日(火)の1年間
大学から通学1時間以内の賃貸物件を【無料】でご提供いたします。

※ご提供させていただく物件は

関東の一都三県の都心近郊市内になりますので、ご注意ください。
※セキュリティーの観点から、物件の詳細をあらかじめ公表することは控えさせていただき

採用が決まった方と個別で相談の上、物件を決定したいと考えております。

 

 

 





 

 

 

 

■選考手順
第1期生募集期間:2019年1月7日(月)~2019年1月31日(木)
第1期生選考期間:2019年2月1日(金)~2019年2月28日(木)
※選考期間内に、書類選考を通過した方へ、ご連絡を差し上げ面接のご案内をいたします。
第1期生採用者発表:2019年3月4日(月)

■応募資格・条件
①2019年4月~2020年3月に大学で就学している学生であること。
※学校教育法第一条に定める「大学」に就学するまたはしている学生であること。
(大学には短期大学、大学院を含む)

②日本国籍を有していること。

③夢や目標に向かって努力していて、結果も残している方で、家庭事情や経済的理由により修学に困難がある方。

④喫煙者では無いこと。

⑤ご両親の所得の入力が必須となります。
※苦学生を支援したいという思いから、ご家庭の所得の低い方(ご家庭の所得が400万円以下の方)は優遇したいと考えております。

⑥成績表の添付(PDF)も必須となりますので、ご注意ください。
※高校3年生の方は、全国模試(駿台、代々木ゼミナール、河合塾、東進、進研、など)の成績表を添付してください。

⑦奨学生として採用された方には、アンケート、インタビュー掲載、写真掲載にご協力いただき、サイトに掲載させていただきます。
ご協力いただけない場合は、本奨学制度の対象外となります。

⑧採用者の方には、ご提供する賃貸物件の「植木」「共用部」などの管理のお手伝いをお願いする場合がございますので、ご協力をお願いいたします。

⑨他の奨学金制度との併用は可能です。

※面接時に必要となる書類
・ご両親の【両方】の平成29年の所得を証明する書類(平成30年度の所得証明書等)が必要となります。
・ここでいう「所得証明書等」は、住民税非課税証明書や市・県民税(所得・課税)証明書を含みます。
・ひとり親家庭の場合には、3か月以内に取得した住民票(世帯全員)の写しも併せて添付してください。

■応募の受付
応募の受付は、当社が運営する「奨学サイト ベッカク」で行ないます。
奨学サイト ベッカク https://www.bekkaku.net/

■注意事項
※応募資格・条件をしっかりとご確認ください。応募資格・条件を満たしていない場合には、選考対象外となります。
※応募内容に誤りがあった場合や、内容を変更したい場合は、応募期間内であれば、応募情報の修正が可能です。
※面接時に必要となる書類
・ご両親の【両方】の平成29年の所得を証明する書類(平成30年度の所得証明書等)が必要となります。
・ここでいう「所得証明書等」は、住民税非課税証明書や市・県民税(所得・課税)証明書を含みます。
・ひとり親家庭の場合には、3か月以内に取得した住民票(世帯全員)の写しも併せて添付してください。