FACT

line instagram facebook youtube nico nico douga

CONTACTお問合せ・資料請求

お問合せ・資料請求 03-5937-6453 土日祭日を除 10:00~19:00お問合せ・資料請求 03-5937-6453 土日祭日を除 10:00~19:00

recruit

正社員採用 アルバイト採用
menu

ブログ

FACT BLOG

NAVIGATE

fct149

2019.03.25

Impuls

facebooktwitterhatenalinegooglefeedly
3月21日 日曜日

 

 

私が尊敬してやまない

 

 

元Blankey Jet City

 

 

現在はSignalsで活躍する

 

 

照井利幸さんのソロライブ

 

 

「Impuls -衝動-」を見に

 

 

代官山は『晴れたら空に豆まいて」まで行ってきた。

 

 

 



 

 

18:30の開場前には

 

 

すでに50名ほどの方がライブハウス前に集まり

 

 

今か今かと開場を待っている。

 

 

自分もその中の一人だ。

 

 

入場は、予約受付番号順。

 

 

自分は30番目台で通された。

 

 

背もたれのない4つ足の椅子が

 

 

ざっくばらんに置かれており

 

 

一応は列をなしている、前から2列目に陣取った。

 

 



 

 

ステージ上にはギターとベース

 

 

双方のエフェクターにアンプ

 

 



 

 



 

 

少年だったあの頃から見ている憧れの人が

 

 

もう間もなく

 

 

視界の数メートル先で見られることに

 

 

興奮が止まらなかった。

 

 

開演まで1時間もあったが

 

 

私はただ背筋を正し、誰もいないステージを

 

 

ずっと見つめていた。

 

 

19:30

 

 

開場が暗くなる

 

 

ざわざわと

 

 

懐かしい話に華を添えていただあろう

 

 

客席もしんと静まり返り

 

 

照井さん登場。

 

 

ご自身で展開するブランド

 

 

thereの新作ジャンプスーツを来ていらっしゃった。

http://there.tokyo/?pid=140135168

 

 

まずベースやギターでリズムを作り

 

 

サンプリング、そしてループを駆使し

 

 

予め収録されている自然音や効果音が混じり

 

 

音の土台が完成する。

 

 

そこに照井さんが

 

 

ありのままに

 

 

好きなように

 

 

ベースやギターを乗っけていくというライブスタイル。

 

 

世界各国を旅しているような

 

 

心地よい浮遊感と

 

 

適度な緊張感に

 

 

瞬きを忘れるほどステージに見入っている自分がそこにはいた。

 

 

ソロアルバム

 

 

『What I think about the world』からも数曲披露され

 

 

ほぼ70分間ぶっ通し状態で照井さんは

 

 

言葉もなく弾き続けていた。

 

 

曲終わりにふとマイクを取ると

 

 

「ただやりたいようにやっただけなんだけど、ごめんね」と笑った。

 

 

開場からは「それが見たかったんだよ〜」といった声が聞こえた。

 

 

まさにそのとおり!

 

 

照井さんのあてのない旅に

 

 

ついていきたかっただけなのだから。

 

 

そして、来月4/13発売の

 

 

Signalsのアルバム「Moon Fiction001」の案内をし

 

 

 

https://youtu.be/GJFgp35iTsE

 

 

 

最後に豊田利晃監督作品『泣き虫しょったんの奇跡』サウンドトラックより

 

 

blue mile

 

 

https://youtu.be/LulaYJahX94

 

 

まいった・・・

 

 

沁みた・・・

 

 

弾き終わると照井さんは

 

 

「ありがとう」

 

 

と言葉少なく

 

 

でも、とてもいい笑顔で

 

 

舞台から消えていった。

 

 

 



 

 

 

余韻にひたりながらライブハウスを後にした。

 

 

帰り道は勿論アルバムを聞きながら。

 
facebooktwitterhatenalinegooglefeedly