FACT

line instagram facebook youtube nico nico douga

CONTACTお問合せ・資料請求

お問合せ・資料請求 03-5937-6453 土日祭日を除 10:00~19:00お問合せ・資料請求 03-5937-6453 土日祭日を除 10:00~19:00

recruit

正社員採用 アルバイト採用
menu

ブログ

FACT BLOG

NAVIGATE

fct149

2018.06.21

最後の作品

facebooktwitterhatenalinegooglefeedly
橋本です。

 

 

革財布が好きでして

 



 

 

育てて、それこそ肌身離すことのないような相棒を

 

 

ここのところ探しておりました。

 

 

もちろん買うならMADE IN JAPAN!!

 

 

意外と知らない人多いんですけど

 

 

革製品の製作技術は日本は世界でもトップレベルなんですよ!

 

 

 

 

 

 

話は過去に戻りますが

 

 

 

「革財布なら、ワイルドスワンズかラストクロップスだね」

 

 

革製品に関して造詣が深い、K部長に

 

 

オススメを聞いた時、返ってきた言葉でした。

 

 

ワイルドスワンズは鴻野兄弟が立ち上げた革製品のブランドで

 

 



 

 

 

ラストクロップスは、鴻野兄弟の長男が

 

 

更に究極の高みを目指し

 

 

独立し立ち上げたブランドです。

 

 

 



 

 

ですので、よく比較されますし

 

 

実際、似ております。

 

 

ここまでの話でなんとなく想像はつくと思いますが

 

 

ベースはワイルドスワンズにあり

 

 

もちろん素晴らしい技術が詰まった最高の品なのですが

 

 

ラストクロップスはそこから更に

 

 

良質の革をふんだんに使用した製品となっており

 

 

分厚く、無骨で、

 

 



 

 

究極の品なのですが

 

 

悪く言ってしまえば、コンパクト性に欠けます。(それもいいとこではあるんですけどね)

 

 

 

 

 

話は長くなりましたが、、、

 

 

 

このK部長の言葉が自分の中に長い間残っており

 

 

「いつかラストクロップスの財布を買おう!!」

 

 

心の中で憧れとしてずっと存在してました。

 

 

憧れでも手が届かないものではないはずなのですが

 

 

ラストクロップスは一つ一つが職人の手作業による品であると同時に

 

 

ここ重要なのですが、革の仕入れ状況や

 

 

製作のタイミング次第で

 

 

在庫は常にあるわけではなく

 

 

オンラインショップや、店舗ブログ、インスタグラムを常にチェックし

 

 

「完成しました」のアナウンスがされたら

 

 

あとはヨーイドン。

 

 

1つ2つの完成された製品を

 

 

早い者勝ちで購入するという

 

 

なかなかに気を張っていかないと

 

 

購入できないものでした。

 

 

実際、K部長から初めて聞いた時に

 

 

サイトを見た際は、在庫はありませんでした。

 

 

しかし、憧れを手にすることは

 

 

活き活きした生活を送る

 

 

活力剤にもなるので

 

 

今回は実現させようとコミットし

 

 

しっかりとブログ等をチェックし

 

 

入念に入念を重ね

 

 

購入に踏み切りました。

 

 

 

 

 

ラストクロップスは、製作場を兼ねた店舗が渋谷に1店舗あるだけで

 

 



 

 

基本、東京近郊の方以外は

 

 

オンラインショップでの購入しか、手にする手段はありません。

 

 

しかも、木曜は休業日であるとはいえ

 

 

月〜水曜日は、製作に集中するため店を閉めていて

 

 

実際店が開いているのは金〜日曜日しかなく

 

 

平日休みの自分としては結構辛いものがありましたが

 

 

やはり、買うからには色合いや

 

 

手製ゆえ、それぞれの品にばらつきが出てくることもあり

 

 

きちんと目で見て買いたいと思い

 

 

日曜に早出をし

 

 

お昼休みを長めに利用して

 

 

渋谷のショップに赴きました。

 

 

渋谷といえど、少し離れたところにあり

 

 

人通りもほぼほぼないような場所。

 

 

 



©google

 

 

 

12時の開店と同時に入り

 

 

色々見させていただきました。

 

 

今回狙っているのは

 

 

アメリカのホーウィン社のコードバン(シェルコードバン)を使用した

 

 

ブリスターLの長財布(革の入荷が1年に2回ほど、しかも不確定なため限定品扱い)。

 

 



©Lastcrops

 

 

色の在庫は、ブラック・チョコ、そして先日出来上がったばかりのナチュラル!!

 

 

狙っているのはチョコ!!

 

 

でも、ナチュラルも見てみたい

 

 

、、、

 

 

 

 

 

緊張しながら店内に入ると、本当にこじんまりとした

 

 

素敵なお店。

 

 

店内中央に、使用感たっぷりのおそらく

 

 

エイジング(経年変化)を見るサンプル(多分売り物ではないと思います)が置いてあるテーブル

 

 

壁側に商品がガラスケースに入れられ陳列されておりました。

 

 

奥が作業場のようで、カーテンから少しだけ覗けました。

 

 

さて、、、

 

 

お目当ての財布は・・・

 

 

、、、

 

 

 

ありました!!

 

 

ブラックとチョコが展示されていました!!

 

 

聞くところによると、在庫はやはり展示品の1点のみとのこと。

 

 

よかった!!

 

 

、、、

 

 

ん?

 

 

ナチュラルは!?

 

 

ナチュラルはぁ!?!?!?!?

 

 

聞いてみると、展示してると色が変わってしまうからとのことで

 

 

ナチュラルだけしまってあるとのこと。

 

 

よかった・・・

 

 

でも、制作した2点のうち1点はすでに売れちゃったみたいですねぇ。。。

 

 

拝見させていただいたのですが

 

 

さすがの革

 

 

そして、さすがの技術

 

 

そして、チョコ本命だったのですが

 

 

ナチュラルが超絶イイ!!

 

 

ナチュラルって、管理が難しいのですが(濡れたりしたらすぐわかっちゃうからね)

 

 

育て甲斐あると思います!!

 

 

もう運命ですよね。

 

 

ナチュラル購入笑

 

 



 

 

購入にあたり、スタッフの方から懇切丁寧に

 

 

ケア方法をレクチャーしていただきました。

 

 

すごくね!愛が伝わってきた!!

 

 

 

 

 

ということで、無事今回の制作では最後の1点のナチュラルを購入。

 

 

 

 



 

 

早速事務所に帰り、開けてみると

 

 



 

 

素敵なメッセージカードとともに

 

 

漂う革のかほり

 

 



 

 

早速、帰宅後にクリームからの

 

 

毎日磨く作業です!!

 

 

そんなこんなで、長々とした自慢話でした。

 

 

facebooktwitterhatenalinegooglefeedly