FACT

line instagram facebook youtube nico nico douga

CONTACTお問合せ・資料請求

お問合せ・資料請求 03-5937-6453 土日祭日を除 10:00~19:00お問合せ・資料請求 03-5937-6453 土日祭日を除 10:00~19:00

recruit

正社員採用 アルバイト採用
menu

ブログ

FACT BLOG

NAVIGATE

fct149

2020.10.11

土竜之世界・弐

facebooktwitterhatenalinegooglefeedly
本日、10月11日っつったら

 

俺の中でのパチスロのヒロインナンバーワンの

 

Rioちゃんの誕生日でしたよ

 

ってなことで橋本です。

 

 

 



 

 

 

まぁ、リオと言ったら!?

 

スーパーブラックジャック!!

 

ブラックジャックと言ったら

 

21!!

 

つまり10と11で・・・!?

 

 

 

フェルマーの最終定理やらなんやらやると・・・

 

 

 

 

 

 

 

そういうわけですな!!

 

 

 

 

んでもって、Rioつながりと言ってはなんですが

 

先日、浅草寺に行ってきました。

 

 



 

 

東京生まれ東京育ちにとって

 

遠足や社会科見学で腐るほど行っているので

 

コレと言って真新しい発見はなかったのですが

 

 

散歩がてら、浅草から上野へ歩きまして

 

その道中に、私が前々から行きたかった

 

鉄道のちょっとおもしろプレイスに立ち寄りました。

 

それがココ↓

 

 



 

 

一見何の変哲もない

 

街の風景のように見えますが、、、

 

 



 

 



 

 

 

実は、こちらの踏切。

 

東京地下の大動脈

 

 

 

「東京メトロ」で

 

 

 

唯一の踏切なんです!!

 

 

 

ちなみに、通常の路線内にあるわけではなく

 

 

銀座線・上野駅からの引き込み線より

 

東京メトロ上野検車区へ向かう途中(ほぼ入口)にあります。

 

 



 

 

地下から地上へひょっこり顔を出したときに

 

ちょうど道とぶつかるので

 

踏切を設けてる感じですね。

 

 

 

 

 



 



 



 



 

 

 

 

 

 

さてさて

 

 



 

 



 

 

実はこの踏切

 

普通の街で見かける踏切とちょっと違うと思いませんか?

 

 



 

 

そう!!

 

 

 

 

なんで柵で塞いでるの?

 

 

 

って思いませんか?

 

普通の踏切には有りませんし

 

別に必要ないですよね?

 

 

 

 

そう!!

 

それがこの踏切の見どころのもう一つ!!

 

 

 

 

第三軌条の列車が通る珍しい踏切なんです!!

 

 

 

第三軌条とはなんぞやと・・・

 

 

 

まず、電車は文字通り

 

電気で動きます。

 

その電気はパンタグラフから集電される

 

 

 



 

 

というのは、電車にあまり詳しくない人でも

 

なんとなくわかると思います。

 

 

 

新幹線もそうですし、JRから私鉄

 

在来線はだいたいそうですよね。

 

 

 

 

でもこちらをご覧ください。

 

 



 

 

銀座線には・・・

 

パンタグラフが無い・・・

 

 

 

じゃあどうやって電気集めてんの?

 

その答えが

 

 

 

「第三軌条方式で集電している」

 

 

 

というものになります。

 

 

走行用のレールとは別に

 

第三軌条というレールを並行して走らせ

 

 



 

 

車輌下の車輪付近に設置された

 

集電靴(コレクターシュー)が

 

 



 

 

第三軌条を擦って集電しているんですね。

 

 

この第三軌条方式のメリットとして

 

・建設コストが他と比べて安くすむ

・景観を損ねにくい

・地下鉄の場合、小断面のトンネルで建設する場合に有利

 

などが挙げられ

 

関東近郊では、銀座線・丸の内線、横浜市営地下鉄ブルーラインなどで採用されています。

 

 

 

逆に、この第三軌条のデメリットの一つとして

 

 

『低い位置に、むき出しの給電レールを敷くので、人の立ち入りが容易な路線だと感電の危険がある』

 

 

というものがあり

 

それが、この踏切に柵がある理由なのです!!

 

 

 

 

 

つまり柵がないと、、、

 

 

 



 

 

骨見えちゃうよ!!

 

 

と・・・

 

安全のため

 

踏切と柵が連動してるんだよ

 

ということなんですね!!

 

 



 

 

ちなみに、踏切内では

 

第三軌条がないため

 

電気を給電できません。

 

よって、惰性走行になります。

 

 

 

 

 

今でこそ、電気を貯めておく技術が進歩したため

 

こんな事例はないですが

 

昔は、ポイント通過や

 

駅構内進入時などの

 

第三軌条が必然と途切れる箇所を走行する際は

 

車内灯が一瞬切え、予備灯に切り替わるという。

 

イベントが、毎駅ごとに発生しておりました。

 

 



(参照元:https://getnavi.jp/vehicles/211909/)

 

 

 

その心配がなくなった01系

 

 



 

 

にすべて切り替る前の

 

 

1990年代前半に銀座線に乗ったことがある方は

 

この「車内小規模停電」は経験があるかもしれません。

 

私はガラスの10代なのでわかりません。

 

 

 

そんな

 

Rioつながりで始まった

 

踏切のお話でした。
facebooktwitterhatenalinegooglefeedly