FACT

line instagram facebook youtube nico nico douga

CONTACTお問合せ・資料請求

お問合せ・資料請求 03-5937-6453 土日祭日を除 10:00~19:00お問合せ・資料請求 03-5937-6453 土日祭日を除 10:00~19:00

recruit

正社員採用 アルバイト採用
menu

ブログ

FACT BLOG

NAVIGATE

fct149

2019.05.08

でぃずにーえいがをずっとみてる

facebooktwitterhatenalinegooglefeedly
橋本です。

 

前回、ディズニーのゲームにハマっているって話は

 

勿論忘れていると思うので

 

 

ってか、知らないと思うので

 

 

あらすじを言うと

 

 

ディズニーのゲームにハマっています。

 

 

が、ゆえに

 

 

キャラクターをどんどん覚えていくのですが

 

 

いかんせんそのキャラクターの背景とかわからないので

 

 

ちまちま間を見て

 

 

そのキャラクターが出てくる

 

 

ディズニー映画を見ております。

 

 

まずは・・・

 

 

『Mr.インクレディブル』

 



 

びびるくらい有名ですよね。

 

 

まぁ、見たことなかったっす。

 

 

レビューの評価が良かったので

 

 

期待して見ましたが

 

 

普通でした。

 

 

なんというか、想像した通りのことが起こり

 

 

「え!?」みたいな

 

 

起承転結の「転」が弱かったイメージです。

 

 

あらすじは、、、

 

 

かつてヒーローが当たり前のように存在した世界で

主人公のMr.インクレディブルであるボブも、その一人だったんだけど

ヒーローが救助するにあたり、ビル破壊などの被害が出たことで

政府が全ヒーローを引退させ

みな普通の生活を送っていたんですね。

 

ボブは同じくヒーローだったヘレンと結婚し

3人の子をもうけて、保険会社で働いてたんだけど

やっぱり、体がうずいちゃって

隠れて人助けを行ってたんですわ。

 

ところがひょんなことから仕事中に力余って上司を怪我させて解雇され

「どうしよ」ってなってた時に、謎の美女から

「あんたの力必要」と言われ

ついっていったら、なんだかんだあってとっ捕まって

家族が父ちゃん助けに行くって話。

 

まぁ普通に良かったです。普通です。

 

 



 

 

次に、、、

 

 

『WALL-E(ウォーリー)』

 

 



 

 

これは良かった!

 

 

なんといいますか、日本が「千と千尋」とすると

 

 

アメリカ版「千と千尋」って感じ。(すげぇ適当)

 

 

あらすじは、、、

 

 

2805年の世界。

地球に住めなくなった人間は

宇宙内を進む、でーっかい船の中の世界で過ごしていました。

 

誰もいなくなった地球では

ただ1つ

量産型のゴミ処理ロボット WALL-E(ウォーリー)だけが

今日もせっせと

荒廃化した世界のゴミを集めては圧縮し

それを積み上げていた。

 

彼は太陽電池で動くため

半永久的に動くことが可能で

人間が地球からいなくなって

700年経つ世界でもかつてと変わらず動いていた

 

 

ただ1つ。

感情を持つようになったこと以外は。

 

・・・

 

そんなある日、WALL-Eがいつものように

ゴミを集めては

その中から自分の趣味の

宝物を探していた時

地球の上空に謎の宇宙船が現れ

白い最新鋭ロボットを置いて去っていった。

 

そのロボットの名前はEVE(イヴ)

彼女は、荒廃し自然が一切なくなった地球上から

緑(植物)を持ち帰るよう

宇宙内を進む人間世界(船)からの命令で

探索に来たのだった。

 

さっそく探索をはじめたEVE。

 

隠れて彼女を見つめるWALL-E

 

はじめはEVEが一方的な敵対意識を持っていたものの

次第に2人(?)は仲良くなる。

 

ある時、WALL-Eが宝物のコレクションをEVEに見せると

とある宝物を見た瞬間

それを体内に取り込んで

機能停止してしまう。

 

WALL-Eは必死にEVEを起こそうとしたが

 

動かない。。。

 

雨の日も風の日も機能停止したままのEVEを守るWALL-E。

そんな時、かつてEVEを連れてきた宇宙船が

再び地球にやってくる。

EVEを回収しに来たのだ。

 

せっかくEVEという友だちができたWALL-E。

「このままでお別れにさせるかよ!」ってな具合に

その宇宙船に飛びつき

EVEを追いかけていく。

 

宇宙船は、人間が住む船の世界に到着し

動かなくなったEVEは、体内のWALL-Eの宝物

「植物」を出して

宇宙船(この世界)の艦長に見せ

再び動き始める。

 

役目を終えたEVEが安堵とともに目にしたのは

ここにいるとは思わなかったWALL-E

 

そこから始まるドタバタ・・・

 

人間である、艦長が

EVEの持ち帰った「植物」を見たことで

自らは知らないが、伝え聞いていた地球に戻って

一から世界を作りたいという願い

 

それを阻もうと、「植物」を隠したり

最終的には人間世界(船)を破壊しようとする

宇宙船内のAIロボット。

 

艦長の命令ゆえ

なんとか植物、そして人間たちを守ろうとするEVE

 

それを手助けするため奮闘する

EVEに惚れ込んだWALL-E

 

果たして2人と人間はどうなるのか!?

 

 

っていうお話。

 

 



 

 

(結構綺麗にまとめたよね?俺?)

 

 

 

なんと言いますか、、、色々と考えさせられるね!

 

 

 

でも

 

 

ずーんと重いものではなく

 

そこはやはりディズニーだけあって

 

明るい未来を夢見て〜的な展開です。

 

 

そして、この映画ですが

 

ロボットが主人公なため

 

ほぼ最初の方は台詞がありません。

 

そこに見る人の想像力なんかが加わっていき

 

見終わった後に

 

 

とてもあたたかい気持ちになれました。

 

 

 

 

いやぁ、いいね!

 

 

でも、、、

 

 



 

 

これほど

 

 

切ない映画ポスターありますか?w

 

 

もう心が痛いわw

 

 

 

 

 

さて今後は「モンスターズ・インク」「シュガーラッシュ」「ズートピア」

 

あたりを予定。

 

 

ってか、PIXARばっかやね。
facebooktwitterhatenalinegooglefeedly